外と内をはっきりとコーディネートしておしゃれに決める!

コーディネートにおいて大切な組合せ。

高価なものだけを組み合わせるだけでは本当におしゃれなコーディネートを呼ぶことはできません。

高価な分、デザイン性や機能性、コーディネートの組合せと行った面である程度確立されているため、おしゃれのしやすさでいえば高価なものの方が手軽におしゃれに決めることができます。

しかしそこをあえて高価な物に頼らずに上手にコーディネートすることができるようになれば、高価なものがワンポイントとなり、よりおしゃれに決めることができるようになります。

そこで大切にするべきことは、外と内をはっきりとコーディネートすることです。

アイテムの予算が限られている方は特に外と内のコーディネートに集中するようにしましょう。

外を高価なもので決める場合は、内は安価なものにしてバランスを取るようにしましょう。

このとき、メインは外に着るものなので、中はその外に着るものを活かすアイテムにした方がいいです。

例えば、シャツをメインにして目立たせたい場合は、内に身につけるものはインナー扱いになります。
シャツよりも目立つ色やデザインのものにしてしまっては視線がインナーに集中してしまうため、あえて主張を抑えたアイテムにするべきです。

場合によっては前のチャックやボタンを閉めることでより、外に羽織ったものを主張しやし環境を整えましょう。

逆に内をメインにするためには外は比較的おとなしめにする必要があります。

そして内に着た服が目立つように周囲のカラーバランスを調整するといいです。

例えば、内に着るブラックのTシャツをメインにしたい場合。

外にホワイト系を持っていくことでトータルコーディネートとしては比較的落ち着いた印象を与えることができるようにありますが、外にホワイトがあることで視線はホワイトの方へ向いてしまいます。

そこで暖色系を羽織るようにすると全体がシックに決まるため視線が中央に集まりやすい傾向にあるのです。

大切なのは、ファッションの中で「どこに注目をさせたいか」を考えることです。

多くの方がトータルバランスを重視して全体のコーディネートを考えていますが、それだけでは限界があります。

どこに視線を集めたいか、どこに自然と目が向くように仕向けたいかという目的があっておしゃれなファッションは成立していくのです。

そのために外と内をはっきりとコーディネートすることが必要なのです。

これが明確になると予算もかなり浮いた状態でおしゃれが楽しめるようになります。

メインに見せたいものを高く、メインでないものを安くといった具合に調整を効かせることができるようになるからです。

さらにあえて逆にすることでよりおしゃれに決めやすくなるとも言えます。

例えば、あまり高くないTシャツをメインにして高価なアウターを羽織るようにする。

視線はTシャツに集中しますが、周囲を取り巻くアウターが高価な分、Tシャツの本来の価値以上の見栄えに引き上げることも可能なのです。

おしゃれになりたくても、予算的な限界はどうしても生じてしまいます。

そんなとき、組合せを重視して、外・内でメインをはっきりさせたコーディネートをすることでトータル予算が安価な中でもおしゃれは楽しめるようになるのです。

また、どうしても予算を抑えたい場合はネットショップでの購入をおすすめします。

ネットショップでは送料という問題があるため、服自体の単価は従来の既存ショップと比べて安価に設定されている傾向にあります。

そのネットショップで高価なものと安価なものを同時に購入すれば、1回の送料で複数アイテムを揃えることができるため、トータルで安くなる傾向にあるのです。

今では送料に関してもかなり気にして設定しているネットショップもありますし、送料自体を無料としているショップも存在します。

上手に活用して、手軽で気楽に、お財布にも優しくおしゃれになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です