おしゃれな服をおしゃれに整理!部屋の中でもコーディネートを楽しもう!

気に入って購入したおしゃれな服の数々。

インナーからアウター、ボトムスなど様々なアイテムが手元にあることでしょう。

そんな中でアイテム数が増えるほどに困るのが収納。

そこで今回はおしゃれな服のおしゃれな整理の仕方についてご紹介します。

引き出し、ラック、ハンガー等様々な収納の仕方がありますが、服にあった収納の仕方をすることが大前提となります。

Tシャツやセーターなど比較的シワになりにくいものは引き出しへ、小さくたためるジーンズ等はラックへ、シワを控えたいシャツやたためないアウターなどはハンガーへと収納する方が多いでしょう。

しかし、これはあくまで基本的な収納であってベストな収納ではありません。

おしゃれな方は収納の仕方にも凝りがあります。

例えば、押入れ全面につっかえ棒をしてすべての服をハンガーにかけて収納することも可能です。

Tシャツなどの型崩れをしてしまうものはそのままハンガーに通すのではなく、縦に折ってハンガーにひっかける形で干すようにしましょう。

ハンガーがけすることのメリットはぐちゃぐちゃになりにくいこともありますが、すべてのアイテムを一面で見ることができます。

アイテムごとに分けてかけてもよし、色合いを重視してかけてもよし、あえてトータルコーディネートごとの収納をしても面白いです。

収納するときに見栄えを重視して自由にかけることでお部屋を美しくコーディネートすることにもつながります。

部屋の中に服を収納しなければならないという発想を逆転して、服の収納をお部屋のコーディネートに使うことでお部屋のインテリアの代わりにもなるのです。

また、インテリアという観点ではラックもとても有効的です。

壁にかけるタイプの物や置くタイプの物等、様々なラックが販売されていますし、室内のインテリアと同調するような色合いの物を選ぶとよりお部屋のコディーネートがおしゃれになります。

来客のときなど、部屋にきた友人や大切な方のアウターをおしゃれに飾ることもできるようになります。

やはり部屋に招いたときにアウターを畳んでソファー等に置くよりもかけられる状態が作られていたほうが相手の印象はいいものです。

収納にもなり、来客時にはおもてなしできるアイテムにも変身させることができ、なおかつ室内インテリアとしても使うことができる使い勝手のいいアイテムと言えます。

引き出しタイプのものは入れられる量が決まっている分、下着であったりあまり他人の目につけたくないものを収納するといいです。

押し入れの中に引き出しを入れることでおしゃれに飾ることができないアイテムも別の空間へと収納することができます。

また、ハンガータイプであれば、お気に入りの服を壁に飾るのもありです。
タバコを吸う方や匂いが強いお香等を焚く方は控えたほうがいいですが、お気に入りの服がお部屋を彩るインテリアとしての役割を果たすこの収納はとても美意識が上がるものでもあります。

壁にお気に入りの服があるけど部屋の中はぐちゃぐちゃなんてことにはなりませんから(笑)。

おしゃれな服をおしゃれに収納することで、部屋の中もおしゃれに大変身させることができます。

服は来ているときだけ魅力的なものではありません。

あなたを包み込むものだからこそ、着ていないときもあなたにやすらぎと癒やしをもたらすものでもあるのです。

だからこそ、美しい収納をしてお部屋の美しい状態を保ち、見ているだけで心が落ち着く環境を作り上げていきましょう。

そんな中でアイテムを大切に扱っているうちに、自然と服そのものへの愛着が強くなり、よりおしゃれを楽しめるようになったり、お気に入りの服をきれいな状態で着れるようになり、あなたのファッションを見た人から「おしゃれ」と褒めてもらえるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です